せっかく作るなら審査に通りやすいクレジットカードを選ぼう!

世の中に出回っている「クレジットカード」の種類は、数え切れないほどたくさんあります。
その中から自分にピッタリな1枚を選び出すことは容易ではありません。
しかし使用する目的や、審査を受ける自分の身にふさわしいカードを選択して申し込むことで、確実にクレジットカードの審査に通り、ショッピングやキャッシングなど自由に使える1枚を手にしたいものです。

複数のカード審査を同時に受けるのは危険!?

クレジットカードが欲しいからといって、とりあえず何社も同時に申し込んではいけません。

初めてクレジットカードを作ろうとする人がやってしまう危険な行為が、複数のカードを同時に申し込むという行為です。クレジットカードの審査では、その人の信用情報などが調べられます。今までのカードやローンなどの利用履歴はもちろんですが、「カードの申し込み」という行為もしっかり記録されているため、同時に不審な申請を複数行うと「申し込みブラック情報」となり、審査に落ちる対象となります。

クレジットカード審査では、多額の借金をしている人や複数のカードを利用している人を嫌う傾向があります。正確な審査項目は各クレジット会社によって違いますし、内容は非公開なので一般の人が審査の詳細を知ることは出来ませんが、複数カードの同時申し込みはNGです。

せっかく申し込むなら確実に審査に受かるカードを選びたい

クレジットカードを取得したい人が同時に複数のカードに申し込めないとなると、確実に審査に受かるカードを1枚選んで申請を行うしかありません!!

確実にクレジットカードの審査を通過したいなら、まず自分の収入など審査項目に当てはまる条件を知ることから始めましょう。
カード会社が特に重要視している審査項目は、収入と返済能力、そして明確な居住場所だといいます。
収入と返済能力は言うまでもありませんが、夜逃げなどの危険を回避するために居住場所の確認も怠らないのです。

カード会社が行う審査は、提供するサービス(ショッピングやキャッシング枠の設定額)によってもかなり違いがあります。つまり大きな金額を借りようとするならば審査は厳しく、小さな金額のみの利用で良ければ審査は甘いともいえます。

もしも自分に安定した収入がない場合、パートやアルバイトをしている人なら、自分の身にふさわしい金額設定・利用条件のカードを申し込むことも大切です。勤続年数が短い人や、専業主婦、自営業で毎月の収入が不安定な人などが大きなキャッシング枠付きのカードに申し込むと審査で落とされる可能性が高いです。クレジットカード審査に落ちたという履歴も「個人信用情報」に記録されますので、無理のある申請は控えた方が無難です。
では、確実に審査に受かる狙い目のカードとは、いったいどんなものがあるのでしょうか?

審査に受かるためには、どんなクレジットカードが狙い目か?

審査が不安な人は、審査の甘いカード会社のクレジットカードがおすすめです!!
クレジットカードには無限の種類がありますが、発行している系列ごとに大きく分けると…
銀行系、信販系、流通系、消費者金融系の4つに分類されます。

中でも銀行系は特に審査が厳しいことで有名で、続いて信販系も審査が厳しいといいます。
狙い目は比較的審査が緩い流通系のクレジットカードか、審査が甘い消費者金融系のカードです。

流通系はセゾンカードやイオンカードなどの大型スーパーや百貨店が発行するクレジットカードで、その多くはお得な年会費無料のカードとなっています。銀行系や信販系がターゲットにしていない主婦層などを狙っているカードなので、パートやアルバイト・専業主婦の人でも一定の収入や身分が確認されれば簡単にカードを発行してくれます。

一番審査が甘いといわれる消費者金融系のクレジットカードは、最短で即日カード発行など利用者に助かる条件を掲げています。カード利用条件にもよりますが、金額設定が低ければ収入証明証などの提出も不要なので、とても審査に受かりやすいのです。